目の下のくまをなくす

目の下のくま、3種類の症状と原因

目の下にできたくまは、老けてやつれた、暗い印象を与えがち。睡眠不足や血行不良が原因となることが多いのですが、目の下のくまにもいろいろな種類があります。

くまの種類によって、原因や改善方法も異なってきますので、まずは自分の目の下のくまがどんな種類のものなのかを知ることが大切です。目の下にできるくまの種類には、次のようなものがあります。

●青くま
くまの中でも最も一般的なのが、青くまです。目のまわりの毛細血管が透けて見えているため、目の下の皮膚がうっすらと青っぽい色に広がって見えます。目の下を押さえてみて青い色が少し薄くなるようなら、青くまです。青くまは、血行不良により目のまわりの血液が滞っていることが原因。睡眠不足や疲れ、ストレス、ホルモンバランスの乱れなど、青くまを引き起こす要因はいくつかあります。
●茶くま
シミと同じように、色素沈着してしまったものが茶色のくま。紫外線によるダメージに加え、メイクを落とす際に目をこすりすぎたり、目元のマッサージで強く力を入れすぎてしまうと、摩擦や刺激により色素沈着が引き起こされてしまいます。ふだんから、目をかするクセのある人も茶くまができやすいので要注意です。
●黒くま
目の下の皮膚のたるみによって膨らんだ部分の影かでき、黒く見えるのが黒くまです。加齢とともに目の周囲の皮膚や筋肉が衰えてくるため、下まぶたの脂肪が前にせり出してくるのが直接的な原因です。また、生まれつき目の下の脂肪が多い場合や、骨格が関係している場合もあります。


b3c9a97dfcf98c7b58991a2503b49a8f_s



目の下のくま、種類別の改善策

相手に与える目もとの印象はとても重要なので、目の下のくまは、なんとかして改善したいものです。ここでは、目の下のくまの種類別に、それぞれの対処法をまとめてみました。

●一般的な「青くま」は、血行促進ケア
青色のくまは、血行不良が原因なので、とにかく血行をよくしてあげることがポイント。手軽にできるケアとしては、血行促進マッサージがおすすめです。下まぶたから外側に円を描くようにしてゆっくり押し出すようにマッサージしましょう。摩擦による刺激を最小限にするために、指にクリームを塗って行うようにします。蒸しタオルを目のうえにのせてリラックスするのも効果的です。
●色素沈着による「茶くま」は、美白ケア
茶くまはいわゆる「シミ」と同じなので、美白成分の入った美白化粧品でケアするのがおすすめ。メイクの洗い残しがないように、しっかりとクレンジング・洗顔をすることも大切ですが、ゴシゴシこすってしまうと刺激により色素沈着を促進してしまうので要注意です。また、週に1~2回、ピーリングジェルなどを使用して古い角質を除去してあげるのも効果的です。ピーリングは、やりすぎると肌に負担をかけ、乾燥を促進してしまうので、肌の様子をみながら行いましょう。
●加齢が原因の「黒くま」は、たるみケア!
加齢とともに皮膚がたるんでくることから、影ができて黒くみえてしまう黒くま。この場合は、たるみを解消するためにコラーゲンを強化することがいちばん。コラーゲンに加え、コラーゲンを増やす働きのあるビタミンC誘導体も配合された美容液で目元をやさしくケアしてあげましょう。また、表情筋のトレーニングやツボ押しなどのマッサージも、たるみ改善には効果的なのでおすすめです。


92bdc8eeade5681d17c31cb1dab992ae_s